南方のドラヴィダ式と北方のインド・アーリア式の対照にもう少し注目してみよう。エローラ第16窟のカイラーサナータ寺院とマハーバリプラムの海岸寺院はほぼ同時代の8世紀の建造物だ。エローラではこの方の素晴らしい資料を参考にさせてもらう。https://www.abaxjp.com/ind0 ...

マハーバリプラムは南インドの都市チェンナイ(旧マドラス)の南60kmに位置する。今では小村だが、4〜9世紀のパッラヴァ王朝時代には首都のカーンチープラムに次ぐ重要な都市で、海港都市として栄え多くの寺院が建造された。ヒンドゥー建築は① アジャンター式に岩壁を横に掘 ...

思想史や社会科学において「ゲマインシャフトとゲゼルシャフト」よりさらに抽象的に見える「性善説と性悪説」という問題設定に疑問を持つ読者も多いのではないだろうか?神学ならまだしも、政治学でそんな抽象的テーマが意味を持つのか?そこで「性善説と性悪説」という問題 ...

話がなかなか進まないのだが(笑)先を急がず僕が納得する事と読者に分かりやすい事を最重視したい。家父長的傾向はカトリックにもある比較的性善説的なものであり、ボルケナウの性悪説の理念型とは矛盾する。この辺がボルケナウを読んでいない人には理解しにくいと思うので ...

ルター派とカルヴァン派と王権神授説の闘いの続きである。現実の政治経済思想は重層的であり、基層と表層では矛盾する現象も起こる。先ず重なった地層を区別し、層ごとに理念型を当てはめて問題を整理しよう。以前挙げた「反近代と近代」の理念型から「絶対王政と民主主義の ...

アジャンター石窟寺院は中国の敦煌や雲岡と同様、切り立った崖に穴を掘ったものである。それに対しエローラ石窟寺院の第16窟、カイラーサナータ寺院は玄武岩の山を露天掘りの要領で下へ下へと削り取り寺院を掘り出してしまったという驚異の建造物だ。写真はこちらからお借り ...

高教会派の原点、スチュアート絶対王政のイデオローグたるウィリアム・ロードの話に戻る。2週間も間が開いてしまった。この時代に関するボルケナウの説を修正しなければならなくなり、頭の整理に時間がかかっている。************************** ...

今週の土日(28、29日)、代々木公園でインド祭りが行われます。称してナマステ・インディア! http://www.indofestival.com/入場無料!インド神話やインドカレー、ヨーガやアーユルヴェーダに興味ある人、行ってみては?追記!なんとラテンアメリカ・フェスティバルも同時 ...

ヤフーブログの「法隆寺金堂壁画とアジャンター石窟寺院」の記事はかなり閲覧者が多かったのだが、こちらへ移すのを躊躇ってきた。https://blogs.yahoo.co.jp/bashar8698/37729203.htmlそれは「グプタ様式は密教ではない」という批判があるのを意識しての事である。僕は密教 ...

前回、高教会主義、低教会主義、広教会主義の三区分を書いたが、それらの教義の主だった特徴とその社会的背景を考えていこう。以前僕が挙げた「比較文化の座標軸」の中で「性善説と性悪説」「近代化と反近代化」「ヘレニズムとヘブライズム」などを道具として使う事になる。 ...

↑このページのトップヘ