カテゴリ: 雑記

ブロ友のピリア氏が「天気の子」について6回にわたって解釈を書いている。https://inspiration.hateblo.jp/たまたまYouTubeで全部見る事ができたので僕もじっくりと鑑賞させてもらったのだが・・・・・僕はナウシカや手塚治虫の火の鳥は手放しで絶賛するのだが、これは正直 ...

僕が常に閲覧し一時は交流も有った民族学・古代史のブログ主、Kawakatu氏が去る12月31日、心筋梗塞のため亡くなられました。http://kodaisihakasekawakatu.blog.jp/心からご冥福をお祈り致します。 ...

昨年のブログの進展を振り返り今後の予定を立てたい。神話学に関しては生物学との繋がりで「無脊椎動物の形態形成がタントラの美意識に繋がる」というテーマを考えてきた。これは座標軸としての「ディオニュソスとアポロ」を「タントラと禅」に拡張し、さらに「太陽と月と大 ...

      昨年は新型コロナウィルスに振り回された一年でしたが、今年はそれに経済不況が加わって更に厳しい年になりそうです。皆様、正月の三ヶ日はゆっくり身体を休めて、その後の闘いの一年に備えましょう。僕のブログは去年の初めに「本来のテーマに絞って」と目標を ...

更新が無いのにアクセス数が多いのに驚いてアクセス解析をみたらほとんどナウシカだった。どうやら金曜ロードショーでナウシカを放映した影響らしい。タレントの太田光氏が「ジブリアニメは善と悪の役割が初めから決まっているから面白くない」という趣旨の発言をした事があ ...

マラルメの「自分はボードレールにはなれない」という自覚、その理由は彼の詩作がボードレールの様な波乱に満ちた実生活に裏付けられていないからという事。これが恐らくマラルメの「中心が無である」「乾いた結晶の様な」と形容される独特の詩風に関連している。これをもう ...

これは以前ヤフーブログに書いた記事の再掲である。独立工兵隊36連隊に配属された奥崎謙三は戦後日本に生還した後、「戦病死」とされた戦友の死の真相を調査する内に上官の裏切り、人肉喰いなどの事実に行き当たり、上官3人を殺す決意をする。それは彼にとって「戦争責任を ...

昨日はマラルメの詩論の関係でポーとボードレールの詩論をもう一度復習している内に「吸血鬼カーミラ」を全文翻訳したブログを見つけて( https )一日関係ない読書をしてしまった。ダイアン・フォーチュンは「心霊的自己防衛」の中で実際にあった吸血鬼の例を挙げている。 ...

           ブログさぼり中   ...

新型コロナウィルスは当初想定されたより遥かに恐ろしい性質を持っている事が漸く明らかになってきた。この間明らかになったウィルスの性質を挙げてみたい。① 或る条件の下では空気感染する。https  http  https  https② 潜伏期間中でも感染する。https③ 感染力は次 ...

新型コロナウィルスがいよいよ身近に迫ってきているようだ。このウィルスについては専門家の間でも未だに分かっていない謎の部分が大きい。当初は「感染力はmersよりは強くsarsよりは弱い」と言われていたが、どうもsarsより遥かに強いようである。潜伏期間も3日から24日まで ...

謹んで新春のお喜びを申し上げます 去年は研究の範囲を広げ過ぎてまとまりがつかなくなったり、絡れた糸の様に混乱し不甲斐ない一年でした。今年は根幹と枝葉を見極め、枝葉は大胆に切り捨て、幹を伸ばすよう努力したいと思います。閲覧して頂いた皆様には心より感謝してお ...

タントラの教義について整理するのにもう少し時間がかかりそうなので、つなぎに我が家のハンサムな聖観音像を紹介しよう。  ...

↑このページのトップヘ